ホワイトニング 歯が白くなる

ホワイトニングで歯が白くなるわけ

ホワイトニングがどういう原理ではの白さを取り戻すことができるのかについて説明いたします。

 

ホワイトニングでは、ホワイトニング剤に過酸化水素(あるいは過酸化尿素)を用います。過酸化水素は、分解するときにフリーラジカル(水酸基ラジカル)が発生します。ここで発生したフリーラジカルは不安定な状態であるため、自身を安定化させるために周囲に急激に働きかけを行います。

 

ホワイトニングではこのフリーラジカルが活動をする際に、歯の色素に含まれている二重結合部を切断して、着色有機質の分子を小さくすることを利用しています。着色有機質の分子が小さくなることで、歯の表面の色素分が減ってきます。結果、歯の表面が無色化され、歯の色が白くなってくるのです。

 

この方法の良い点は、歯の表面の着色有機質分子を減らすために、自然な白さになるということです。不自然さが少ない方法ですので、かなり明るい色にしても、歯が自然な感じで白くなります。また、歯の表面を溶かすわけではなく、色素を分解しているだけなので、歯を傷つけることもありません。

 

そのため、ホワイトニングを希望する方が急速に増えてきたのです。

 

なお、オフィスホワイトニングでは、ホワイトニング剤を活性化するのにプラズマ光やレーザーを照射します。また最近では、二酸化チタンや窒素などの触媒を利用することでさらに反応を高めています。

 

専門家が専門機器を用いてホワイトニング施術を行うわけですから、当然高い効果が見込まれます。